2人ひき逃げ、はねる前に加速した男を殺人罪で起訴 車は盗難車で無免許運転

福島県三春町で5月、地域の清掃ボランティア活動中だった男女2人が死亡したひき逃げ事件で、福島地検郡山支部は30日、殺人などの罪でトラックを運転していた住所不定、無職盛藤吉高容疑者(50)を起訴した。スピードを上げて2人をはねるなどしており、地検は「殺意を立証する証拠がそろった」としている。
起訴状などによると、盛藤容疑者は5月31日朝、同県郡山市内の駐車場から盗んだトラックを無免許で運転。通行人をはねて殺害しようと考え、三春町の国道脇を歩いていた橋本茂さん(55)と三瓶美保さん(52)を、時速約60~70キロまで加速しながらはねるなどして殺害したとされる。
捜査関係者によると、盛藤容疑者はいったん現場を通過した後、Uターンして2人をはねたという。別の事件での服役を終え、数日前に出所したばかりだったといい、「刑務所に入りたくてわざとひいた」などと供述。県警や地検は動機を慎重に捜査していた。
逮捕容疑は、事故のあった5月31日が自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)など、6月19日の再逮捕ではトラックの窃盗容疑だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする