1粒2万円のサクランボ 直径が31ミリ以上の新品種

最上位ブランドは1粒あたり2万円。来月1日に全国デビューです。
サクランボの新品種「ジュノハート」の初競りが青森県八戸市で行なわれ、直径が31ミリ以上と大きくて色つやや形が整っている最上位ブランドの「青森ハートビート」には15粒入り1箱に30万円の値が付きました。1粒あたり2万円。競り落としたのは千葉県の仲卸業者です。
長塚青果八戸支店・梅田信弘支店長:「『1番の高値は付けたい』と思っていました。きのうからドキドキしていました」
地元のJAは「去年の倍の最高値となり、生産者にとっても次からの励みになる」と話しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする