ダムに男性会社員遺体=殺人も視野に捜査―福井県警

福井県警は30日、同県坂井市丸岡町上竹田の龍ケ鼻ダムで、福井市の会社員青柳卓宏さん(40)の遺体が見つかったと発表した。状況などから死体遺棄事件と判断し、殺人容疑も視野に捜査を進める。
県警によると、29日午後2時半ごろ、釣り客が水面に浮いている遺体を発見。上半身に刃物によるとみられる刺し傷が複数あり、一部は肺に達していた。死後数日が経過しており、所持品は見つかっていない。
家族から捜索願が出されていた。県警は青柳さんの周辺でトラブルがなかったかなどを調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする