都の新指標を専門家が解説 5日連続で感染者50人超

東京都では30日に新たに54人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。そして今、都内で食事をしたなど「東京由来」の感染が関東近郊に広がり始めています。東京都庁クラブから報告です。
(社会部・前田万里奈記者報告)
(Q.感染者数に関して30日が54人となり、これで5日連続で50人超えということになったが、都はこの数字をどのように受け止めているのか?)
確かに5日連続で50人を上回っていますが、直近1週間の感染者数の3割から4割が夜の街の繁華街で確認されている人たちです。その多くが新宿エリアで感染が確認されていて、こうした人たちのなかにはホストクラブを中心に不安に感じた人たちが自主的に検査を受けているケースというのも相次いでいます。そうしたことから都は市中感染が広がっている状態ではなく、あくまで繁華街で感染が確認されている状態だという認識を示しています。
(Q.そんななか、東京都は新たなモニタリング指標を発表するが、これまでの指標から変わっているのが新規陽性者における感染経路不明、これは今まで率だったのが人数に変更になったり、東京消防庁に寄せられた発熱の相談件数や救急搬送患者を地域の病院がどれほど受け入れられるかという項目を新たに追加して最終調整しているということだが、なぜこのように変更したのか?)
今回の指標の一番の目的は医療提供体制を維持するためというものです。そのためにどのような項目を設けたらいいのかこれまで何回か会議を開いて模索してきました。今回、新たに追…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする