接触確認アプリを修正=厚労省

厚生労働省は30日、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触の可能性を通知する接触確認アプリについて、iPhone(アイフォーン)用の修正版を公開した。不具合などを直したもので、アンドロイド用も今後公開する。
同省は修正版の普及が進んだ段階で、新型コロナ陽性が判明した利用者がアプリに登録する処理番号の発行を始める予定だ。
アプリは19日に公開され、30日時点で約481万回ダウンロードされた。公開後、架空の処理番号を入力しても「完了」と表示されるなどの不具合が判明していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする