宇都宮健児氏に野田佳彦前首相が異色の応援演説「地味で実直な…」

元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が28日、都内で街頭演説を行い、無所属の野田佳彦前首相(63)が応援演説に駆けつけた。
保守派の野田氏が革新派の宇都宮陣営につく異色の応援演説。共産党の志位和夫委員長や立憲民主党の手塚仁雄氏から熱烈オファーがあったようで、「『宇都宮陣営には右打者がいない。右の大砲として登場してください』と。苦悩する阪神タイガースの監督のような相談を受け、右打者として応援します」と盛り上げた。
小池都政の新型コロナウイルス対策に野田氏は「五輪延期が決まって、にわかに会見を開くようになった。初動が明らかに遅かった」と批判。宇都宮氏とは初対面だが、「地味で実直な宇都宮氏を都民が見抜けるかにかかっている」と訴えた。野田氏からの応援に宇都宮氏は「地味を最大の武器にして、都民の命を守る都政を打ち立てたい」と誓った。(増田 寛)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする