喜多郎氏、グラミー賞トロフィー寄贈=「音楽志す人の目標に」―愛知県豊橋市〔地域〕

シンセサイザー奏者の喜多郎氏は22日、2001年に受賞したグラミー賞のトロフィーを愛知県豊橋市に寄贈した。喜多郎氏は同市出身で「豊橋特別ふるさと大使」を務めている。
トロフィーを受け取った佐原光一市長は「寄贈に感謝している。貴重なトロフィーなので、セキュリティー対策を講じた上で、展示の準備を進めたい」と述べ、今後市内で展示する意向を示した。
喜多郎氏は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた自宅待機中にトロフィーを眺めていて寄贈を思いついたといい、「家にあっても意味がない。音楽を志す人に見てもらい、これを目標に活動してほしい」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする