ダウン症の4歳娘を餓死させた父親らを起訴 遺体の一部はネズミが損壊

(Aycan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)障害を持って生まれた子供たちは、幼いうちは特に両親ほか家族の愛情だけを頼りに生きている。親には扶養と養育の義務・責任があり、寛大さと辛抱強さ、そして我が子にとっての幸せな人生を考えてあげる姿勢が常に求められている。ところが…。

■娘の存在を隠していた父親ウイローちゃんには兄がいるが、実の母親は出産時のトラブルで他界していた。ダン容疑者はその後この娘の存在を隠し続けており、1年前から暮らし始めたキャノンヒルでも、近隣住民は「幼い女の子がいたことに気づかなかった」と話している。ダウン症児は成長に伴って専門的な指導を受けられる地域の療育センターに通うよう促されるが、ダン容疑者はそれも怠っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする