「エコバッグは小まめに洗って」 農水省の注意喚起にゾッ…

2020年7月1日より、全国で開始されるプラスチック製レジ袋の有料化。
今後、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで買い物をする際に、エコバッグを使用する人は増えるでしょう。
しかしこのエコバッグ、日々使用するものなので、意外に汚れやすいといわれています。農林水産省は、ウェブサイトでこんな注意を呼び掛けていました。
目につく汚れやニオイがなくても、知らぬ間に肉や魚の汁、野菜の土が、エコバッグに付着することがあります。
そのままにして使い続けると、食中毒菌が増殖してしまい、新たに購入した食品に菌が付着してしまいます。
農林水産省 ーより引用
夏場は食中毒にも気を付けなければならないので、エコバッグの清潔さを意識することが大切ですね。
そこで、農林水産省が公開した『エコバッグを清潔に保つ5つのポイント』を紹介します!
エコバッグは、洗濯の取り扱い表示に従ってこまめに洗い、洗濯後はしっかり乾かすようにしましょう。
肉・魚の汁や野菜の土などが、エコバッグの中でほかの食材に付着しないよう、これらの食材はポリ袋に入れます。
また、使用済のポリ袋は再利用せずに、捨てたほうがいいでしょう。
冷蔵食品、冷凍食品などはまとめて入れて、温かいものと、密着しないように入れましょう。
また、エコバッグに入れる順番は硬いものや重たいものを下にすると荷物が安定し、食品の汁がこぼれにくくなります。

底が平らなエコバッグも荷物が安定するのでおすすめとのこと。
食品を入れるバッグと日用品など入れるバッグを分けて使うと、衛生的に使用できます。
肉、魚、冷蔵・冷凍食品などが入ったエコバッグを持ち運ぶ際は、なるべく短時間で家に戻り、帰宅後はすぐに冷蔵庫へ。
また、車で運ぶ場合には涼しく衛生的な場所に置き、トランクに置きっぱなしにするのを避けましょう。
※写真はイメージ
冷蔵・冷凍食品の結露でエコバッグの中が濡れてしまう場合もあります。特に梅雨の時期はそのまま放置しておくと、カビが発生しやすくなるので、使った後はしっかり乾かすことも大事です。
またエコバッグは頻繁に使うものなので、洗濯が間に合わなかった時のことも考えて、1枚だけでなく、予備を2~3個準備して置いたほうがよさそうですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする