九州でやや強い雨 あすにかけて九州~近畿を中心に大雨の恐れ

29日、九州に雨雲がかかっており、やや強い雨が降っている所があります。30日にかけて、九州から近畿を中心に、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。
九州に雨雲 やや強い雨

29日(月)、黄海に低気圧があり、低気圧から延びる前線が九州にかかっています。九州では雨の降っている所があり、昼過ぎには大分県中津市で1時間に13.5ミリ、鹿児島県鹿児島市や鹿屋市でも1時間に10.5ミリのやや強い雨を観測しました。雨雲は東へ広がっており、降り方も強まります。九州では夜遅く、カミナリが鳴り、激しい雨が降る所があるでしょう。四国や中国地方も次第に雨が降り出す所がある見込みです。
30日(火)にかけて九州~近畿を中心に大雨の恐れ
30日(火)にかけて、前線が本州を北上し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。近畿から東北にかけても、雨が降り出す見込みです。九州から近畿を中心に、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。対策については、「【特集】新型コロナと自然災害に備え」も参考になさって下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする