新型コロナワクチンの治験を開始 大阪市立大病院で国内初

大阪大発の創薬ベンチャーの「アンジェス」(大阪府茨木市)は30日、同大と共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、安全性と有効性を確かめる臨床試験(治験)を始める。新型コロナワクチンの治験は国内で初めて。
ワクチン開発は各国で進められているが、欧米や中国が治験を開始するなど先行している。政府は感染拡大の「第2波」に備え、ワクチン20万人分の製造体制を整える異例の支援態勢を敷く。
アンジェスなどによると、治験は大阪市立大付属病院で実施し、30人にワクチンを接種。10月ごろ治験の参加者を500人程度に増やし、早期承認を目指す。治験は通常第3段階まで行われる。
使用するのは世界でも実用化された例のない「DNAワクチン」という新しいタイプ。複製したウイルスのDNAの一部を体内に取り込んで免疫を作る仕組みだ。ウイルス本体を培養する必要がないため安全性が高く、製造期間やコストも抑えられるとして注目されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする