21億円所得隠しに逆転実刑 差し戻しの弁護士ら

不動産取引を法人が行ったように見せ掛けて個人所得約21億円超を隠したとして所得税法違反(脱税)罪に問われ、一審の無罪判決が破棄、差し戻しとなった弁護士小谷平被告(78)ら2人の差し戻し審判決が29日、東京地裁であった。野原俊郎裁判長は「税負担を不法に免れた」と述べ、同被告に懲役2年6月、罰金2億円(求刑懲役3年6月、罰金2億5000万円)を言い渡した。
共犯とされた公認会計士の元妻小谷万里子被告(69)は懲役1年6月(求刑懲役2年)。
野原裁判長は「取引の収益は平被告に帰属する」と指摘。罪の成立を認め、「計画的かつ大掛かりな犯行で、隠した所得額も脱税額も極めて多額だ」と非難した。
差し戻し前の一審東京地裁は、不動産取引の主体は法人だったと判断。両被告に無罪を言い渡したが、二審東京高裁は「取引主体は利益の実質的帰属などを全体的に評価して判断すべきだ」と無罪判決を破棄、同地裁に審理を差し戻していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする