大川小慰霊碑を破壊予告=高知の臨時講師再逮捕―宮城県警

東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の遺族に殺害予告をした事件で、県警捜査1課などは29日、石巻市に対し大川小の慰霊碑を破壊すると脅迫文を送ったとして、威力業務妨害容疑で、公立小学校臨時講師近森公和容疑者(42)=高知県香南市野市町本村=を再逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は2月22日、石巻市役所宛てに「大川小の慰霊碑を車突っ込ませて破壊します」と記した文書を送り、市教委の業務を妨害した疑い。県警によると、近森容疑者は容疑を認め、「市の遺族対応に不満があった」と話しているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする