大雨に警戒 24時間で300ミリも 各地の雨のピークは?

今夜から7月1日(水)にかけて梅雨前線の活動が活発化するため、大雨に警戒が必要です。24時間で雨量が300ミリに達する所も。各地の雨のピークをまとめました。
非常に激しい雨や激しい雨も

きょう29日(月)、九州にはすでに雨雲がかかっています。夜は中国や四国も所々で雨が降るでしょう。あす30日(火)から7月1日(水)にかけては梅雨前線が本州付近を北上し、前線上の低気圧が北東へ進むでしょう。暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化する予想です。九州から東海を中心に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。四国などでは24時間で雨量が300ミリに達する所もありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意、警戒が必要です。自治体からだされる情報にも注意して下さい。
各地の雨のピークは?

一番上の表は各地の雨のピーク予想です。【九州】北部はあす30日(火)昼過ぎにかけて、南部はあす30日(火)夜にかけて、局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。【中国】あす30日(火)未明から朝にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降り、夕方にかけて大雨となる恐れがあります。【四国】あす30日(火)朝から夕方にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。24時間雨量が300ミリに達する所もあり、警戒が必要です。【近畿】あす30日(火)朝から夜遅くにかけて、雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。【東海・北陸】東海はあす30日(火)朝から雷を伴い激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。1日(水)にかけても断続的に雨が降り、さらに雨量が増えそうです。北陸も30日(火)昼頃から激しい雨に注意が必要です。【関東甲信】あす30日(火)夕方から1日(水)午前中にかけて雨脚の強まる所があるでしょう。局地的に激しい雨が降りそうです。風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。広く大雨が予想されます。「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって、大雨への備えをなさって下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする