こだわりがすごい! 自宅の庭に作った『パブ』を人々が絶賛 「くつろげそう」

新型コロナウイルス感染症がまん延し始めてから、世界の多くの国では外出禁止などの感染防止対策が行われてきました。
自由に外食やお酒を飲みに行く楽しみを奪われた人たちは、自宅で過ごす時間を充実させるためにあらゆる工夫をしています。
こうした中、イギリスで家具のペイントなどをする会社『Octavia Chic』がFacebookに紹介した写真が人々を驚かせています。
『Octavia Chic』は顧客から「自宅の庭にパブを作ってほしい」という依頼を受けたのだそう。
パブとはお酒を飲みながら楽しくおしゃべりをする、飲食店のような場所。
そこで『Octavia Chic』を経営する夫婦は、普通の住宅の裏庭の一角にパブを作ることになりました。
設計から建築、内装、外装、さらにインテリアデザインまですべてを手掛け、3週間かかって完成させたというガーデンパブ。
お店の名前は『The Drunken Crab(酔っぱらったカニ)』
その写真がこちらです!
シックな外観の建物に1歩足を踏み入れると、そこはイギリスのクラシックなパブの雰囲気そのもの。
バーカウンターにはたくさんのお酒のボトルがズラリと並び、テーブルやイス、壁に飾ってある絵や写真など、細部にまでこだわりが感じられますね。
パブの入り口に付いている『The Drunken Crab』の看板も、もちろんハンドメイドなのだそう。
この投稿は3万5000回以上シェアされ、たくさんの絶賛の声が寄せられています。
・もし庭にこんなパブがあったらもうほかの店には行かないかも。
・すばらしい!今まで見たガーデンパブの中で最高だよ!
・オールドスクールのインテリアがすごくくつろげそうだ。
またコメント欄には「我が家にも作ってほしい」という問い合わせも続々と来ているようです。
たくさんのものが置かれているのにそれらが見事にブレンドして、居心地のよさそうな空間を作り出しているのはやはりプロのなせる業なのでしょう。
こんな素敵なパブが自宅の庭にあったら、毎日通いたくなってしまいそうですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする