歌舞伎座、8月から再開

松竹は29日、東京・歌舞伎座での歌舞伎公演を8月1日から再開すると発表した。新型コロナウイルス流行の影響で2月公演の千秋楽(26日)を最後に劇場を閉館しており、本格的な歌舞伎公演は約5カ月ぶりとなる。
公演「八月花形歌舞伎」(1~26日)は感染予防のため1演目ごとに観客を入れ替える4部制を取る。事前に出演者やスタッフの抗体検査を実施するほか、前後左右を空けた席配置や換気の徹底、入場時の観客への検温などを実施する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする