『土のう』がない時は… 警視庁が教える『防災知識』に反響 「ためになる」

夏の季節は、台風や大雨による洪水や浸水の被害が例年数多く報告されています。
災害時に役立つ情報をネット上で発信している、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)は、Twitterで身近なものを使って浸水を防止する方法を紹介しました。
風水害が懸念される時期です。身近にあるもので浸水を防げるか試してみました。用意したのは段ボールとポリ袋、ガムテープで一定の効果はあるようです。ただし、あくまでも応急的な方法で過信は禁物です。ホームセンターでは様々な種類の土のう等が用意されていますので、事前の備えをお願いします。 pic.twitter.com/cige7M0dh9
動画では、水害時に使用される『土のう』の代わりに、ポリ袋、ガムテープ、段ボールを使った浸水の対策を試しています。
ある程度の効果は期待できますが、あくまで『応急的な方法』とのこと。災害に対応できるよう、土のうなどは事前に準備をしておいてほしいといいます。
ネット上では動画に対し「ためになります!」「参考になった。臨機応変な方法を頭に入れておくことは大切」などの声が寄せられていました。
こちらの方法を覚えておくと、いざという時に役立つかもしれませんね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする