西・東日本は大雨警戒=梅雨前線が活発化―気象庁

気象庁は29日、梅雨前線上の低気圧が日本海に進み、前線の活動が活発化するため、西日本と東日本では7月1日にかけて大雨が予想されると発表した。土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に警戒し、落雷や突風に注意が必要。
30日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国300ミリ、九州200ミリ、近畿150ミリ、東海と中国、奄美120ミリ、関東甲信100ミリ。
その後、7月1日午後6時までの同雨量は多い所で、東海200~300ミリ、近畿100~200ミリ、関東甲信100~150ミリの見込みだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする