遺族「あおって何が面白いのか」 厳罰化あすから

あおり運転に対する罰則を新たに盛り込んだ改正道路交通法が30日に施行されます。あおり運転で家族を失った遺族の悲痛な思いとは裏腹に、また新たなあおり運転が明らかになりました。
クラクションを鳴らしながら急接近する車。今年4月、福岡県宗像市で前を走る車を追い越した後、進路をふさいで停止するなどのあおり運転をした男性会社員(36)が暴行の疑いで書類送検されました。被害者の男性の車をたたくなどした会社員は「クラクションを鳴らされてカッとなり、謝罪させるためにやった」と容疑を認めています。
後を絶たないあおり運転。萩山文子さん(80)は3年前、息子夫婦が東名高速であおり運転を受けて停車させられた後、トラックに追突されて亡くなりました。この事故はあおり運転が厳罰化されるきっかけの一つとなりました。
今月30日から施行される改正道路交通法では車間距離を詰めたり急ブレーキを掛けたりするなどの行為は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金。高速道路で停車させるなど特に危険な場合は5年以下の懲役、または100万円以下の罰金、いずれも運転免許が取り消しとなります。
今後、警視庁はヘリコプターから危険な運転をする車を監視し、地上のパトカーと連携して追跡するなどあおり運転の取り締まりを強化する方針です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする