9年経て遺体身元判明=震災で不明の99歳女性―宮城県警

宮城県警は29日、東日本大震災後に同県石巻市内で見つかった遺体について、震災で行方不明になっていた同市南浜町、阿部きうさん=当時(99)=と判明したと発表した。遺骨は震災から9年以上を経て、7月2日に遺族へ引き渡される。
県警によると、遺体は2011年5月19日、同市竹浜の入り江の岸壁で、がれきの中から見つかった。阿部さんは入れ歯で歯形がなく、本人のDNA型からも身元は分からなかった。東北大の協力でミトコンドリアDNAを鑑定し、結果に基づく捜査や、遺体発見場所から被災場所を推定する「マッピングポインティング」という手法などで特定した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする