「仮想通貨取引で脱税が…」息子装い100万円詐欺か

「仮想通貨の取引で脱税があった」などと嘘の電話を掛け、100万円をだまし取った疑いです。
嵯城義史容疑者(49)は3月、仲間と共謀して東京・町田市の80代男性に息子を装って「ビットコインでもうけたが脱税があった」「税金は全部で1500万円必要」などと嘘の電話を掛け、現金100万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、防犯カメラに現金を受け取りに来た嵯城容疑者の姿が映っていて、その後の逮捕につながったということです。「今は何とも言えません」と供述しています。男性は事件の翌日にも別の男に現金200万円を渡していて、警視庁が関連を調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする