車に異変 鳥の巣、卵まで…巣立ちまで“見守り”へ

通勤に使っている車がまさかの事態です。車の中から野鳥が飛び出してきました。
札幌市に住む男性は愛車に異変を感じていました。フロントバンパーの辺りがおかしい…。中がどうなっているのか調べようとした、次の瞬間、ふいに飛び出してきたのは鳥です。一体、何が起きているのか…。男性は改めて鳥がいた場所にカメラを向けます。木の枝のようなものがびっしりと敷き詰められています。そして、そこには卵が…。しかも5つも。車から飛び出してきた、あの鳥が車の中に巣を作り、卵を温めていたとみられます。
専門家によりますと、鳥は「ハクセキレイ」という野鳥で、建物の隙間や橋げたなど人工的な環境に巣を作ることが多いといいます。今回、車の中に巣作りをしたのは野良猫などの天敵に襲われにくい安全な環境だったからではないかと推測されます。孵化(ふか)して巣立つまで約1カ月。その間、男性は車を一切使わず、成長を見守っていきたいといいます。
もし、自動車などに鳥が卵を産んだり、子育てしていたりする場合は、むやみに近付かず、車を使用するなどの場合は地元の自治体などに相談することが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする