iPSで頭頸部がん治験=免疫細胞作り投与―今夏にも千葉大と理研

千葉大と理化学研究所は29日、病原体に対して強い攻撃力を持つ免疫細胞「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」を人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り、頭頸部(けいぶ)がんの患者に投与する医師主導の臨床試験(治験)を始めると発表した。
iPS細胞から作った細胞をがんの治験や臨床研究に用いるのは国内初で、iPS細胞由来のNKT細胞の投与は世界でも初めて。研究チームの本橋新一郎・千葉大教授(腫瘍免疫学)は「新しいがん治療の確立を目指している」と話した。
対象は鼻や口など頭頸部のがん患者で、手術や抗がん剤などによる治療で効果が得られなかった20~70代の10人程度。今夏にも1人目に投与し、投与した細胞が患者の体を傷つけたり、免疫の暴走を起こしたりしないかなどの安全性と効果を調べる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする