1パック270円のエンタメ系納豆が話題 老舗メーカーは「業界の常識ぶち破りたい」

(写真提供:富士納豆製造所)桃太郎伝説発祥の地には、いくつかの説があるが、その一つと言われている、山梨県大月市。この地の納豆メーカーが、斬新な納豆を新発売と話題になっている。しらべぇ取材班は、メーカーから詳しく話を聞いた。

(写真提供:富士納豆製造所)しょうが・マスタード味は、しょうがにマスタードが絶妙なハーモニーをかなでており、パンにはさんでも、おいしく食べることができる。こちらは、「黄鬼」にちなんで、タレを混ぜると黄色に変化。

(写真提供:富士納豆製造所)■海外の賞を受賞したイラストレーターが担当

(写真提供:富士納豆製造所)この納豆は、パッケージにもこだわりがある。イラストは、2019年に海外の広告賞を受賞した「GODTAIL」のイラストレーター・神尾氏に作製を依頼。「桃太郎」という親しみある物語を、斬新なイラストで表現している。この納豆を、各界の著名人に試食を依頼したところ、大好評。女性に一番人気は、しょうが・マスタード味で、男性は、スパイスカレー味に人気が集まったそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする