2人暮らしの親子が死亡か…住宅が燃える火事 木造2階建ての1棟が全焼か 焼け跡から2人の遺体見つかる

20日夜、愛知県清須市で住宅が燃える火事があり、この家に住む親子とみられる2人の遺体が見つかりました。

火事があったのは清須市清洲の無職・石川和夫さん(95)の住宅で、20日午後7時半ごろ近所の人から「建物が燃えている」などの通報が相次ぎました。

屋根からは真っ赤な炎が噴き出し、時折何かが破裂するような音が響いていました。

消防車7台が出て、およそ1時間ほどで火の勢いは収まりましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼とみられ、焼け跡からは2人の遺体が見つかりました。

警察と消防は遺体がこの家に2人で暮らしていた石川さんと60代の長男とみて身元の確認を進めるとともに、出火の原因を詳しく調べる方針です。

※画像は視聴者撮影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする