〈“はだか祭り”が女性解禁!〉「刺青がバチバチに入った人や酔っ払いも参加するので危険」「カメコとか変な人が来なきゃいいけど」地元では心配の声も…主催する神社に聞いてみた

ふんどし姿の裸男が厄落としのために激しくぶつかり合うことで有名な愛知県稲沢市の「国府宮はだか祭」。この約1300年前を起源とする日本屈指の奇祭は、これまで「女人禁制」だった。しかし、来年からは女性の参加が可能になるという。いったいナゼ?
毎年、2月下旬~3月に開催される国府宮はだか祭。この日がくると42歳と25歳のふんどし姿の厄男たちが愛知県中から尾張大国霊神社(国府宮)へと集まる。そして、厄除け祈願である儺追(なおい)神事を終えると、参道の一角に全身無垢姿の神男が警護の者に守られて裸男の群れの中に登場し、祭りは最高潮を迎える。志願者の中からくじ引きで選ばれた神男に触れることで厄落としができるとあって、集まった“裸男”たちは神男に触ろうと激しい押し合いへし合いに。この「もみ合い」は負傷者が出ることもあるそうだ。そんな天下の奇祭に、コロナ禍前の2019年は1万人もの厄男たちが尾張大国霊神社を訪れた。
神男を触ろうともみ合う裸男たち(2018年2月28日撮影)
220年前からはだか祭りに参加する40代男性は言う。「ちょうど前厄の年に離婚して落ち込んでいたところ、飲み友達から誘われて初参加しました。儺追神事で『ワッショイ、ワッショイ!』と笹を奉納するために拝殿へ駆け込む『儺追笹(なおいざさ)奉納』というものがあるんですが、毎年、裸男たちから湯気が出るほどすごい熱気なんです。あんな荒くれた祭りに女性が安全に参加できるのでしょうか。ちょっと想像がつかないですね」
儺追笹奉納で境内に駆け込む裸男たち(2018年2月28日撮影)
“前哨戦”ですらそんな熱気なのだから、神男が現れるとその危険度は相当増すのだろう。尾張大国霊神社の権禰宜(神職)は言う。「そもそも神社として女性の参加を禁じていたわけではありません。ただ、江戸末期に現在のような裸男への『もみ合い』が行われるようになってから、あまりに危険なので女子どもは近づいてはいけないとされ、また、奉納は裸参加が慣例ということもあって、女性は参加できなかったのです」
このような事情もあって、女性はこれまで厄除けの願いを書いた布を笹に結び、厄男に思いを託すだけだったという。しかし今年4月、その状況が変わった。権禰宜は続ける。「過去に神男を務めた男たちによる『鉄鉾会(てっしょうかい)』というOB会があるんですが、今年4月ごろ、その会員の元に20~30人もの地元女性団体から『はだか祭りに参加したい』との申し出があったようなのです」
2015年3月3日撮影
そこで神社は今月6日に行われた「国府宮はだか祭連絡会」の会合で祭りの女性参加を了承し、その報告をしたという。性差による区別をしない時代の流れでの決定だが、一方でこんな事情もあった。「新型コロナ感染拡大防止のため、今年2月、3年ぶりに『もみ合い』が復活したのですが、裸男たちの数は1730人とかなり少なかったのです。来年はより盛り上がる祭りにしたいという思いもあって女性参加も了承いたしました。ただし、女性が男性と同じようなふんどし姿というわけにはいかないので、どのような服装で行うかは、今後協議していくことになると思います」
奉納に訪れる団体や地域の人たち。中には刺青の入った男たちも(2015年3月3日撮影)
今回の事実上の女性参加解禁について、地元住民はどう思っているのだろうか。国府宮駅近くで30年以上、喫茶店を経営する店長は言う。「いいんじゃないの? 話題づくりにはちょうどいいし、これで見にくるお客さんもどっと増えるかもね」同店のママも声を揃える。「かつては祭り会場近くを通りかかるだけで『女は近づくな!』なんて言われたこともあったし、女性参加OKとなって喜ぶ方もいるんじゃない? ただ、荒っぽい方も多いから、トラブルが起きないように警察官を増やすなどの対策は必要でしょうね。私? 出たいなんて思ったことないよ!」
若い女性はどうか。国府宮在住の23歳の女性は言う。「正直、どうなっちゃうの?って感じです。小さいころから、あの祭りは男性の祭りだと思って見てたし、知り合いのおじさんやお兄ちゃんの威勢のいい姿を見るのが当たり前だったから想像がつかないです。撮影目的でカメラ小僧とか変な人が来なきゃいいなとは思います」
祭りが終了し、凍えながら帰宅を急ぐ参加者。この日は雪まじりの雨が降っていた(2015年3月3日撮影)
この祭りを30年以上、取材し続ける地元紙記者も話す。「刺青がバチバチに入ったその筋の人たちも参加するし、酔っ払い同士のトラブルやここぞとばかりに警察に絡む男もいるから、男性と女性がかち合うことがないようにしないと危ないと思います。『もみ合い』なんて、裸男が渦みたい入り乱れるんで、過去には転倒した裸男が圧死した事故もあったほどです。とにかく男たちの鼻息が荒くなる祭りですからね」このような声に前出の権禰宜は答える。「もちろん祭りで事故があってはならないので、女性に危険がないように最大限の注意を払い、女性が参加できるのは危険な『もみ合い』ではなく、その前に行われる『儺追笹奉納』となります。また、男性とは奉納時間をずらすといったことを検討しています」
(画像6)参道と交差する通りには屋台などが並び、一般客で賑わう(2018年2月28日撮影)
「国府宮はだか祭」が開催されるのは来年2月24日。現地に駆けつければ、伝統の祭りの転換点を見ることができるだろう。取材・文/河合桃子集英社オンライン編集部ニュース班撮影/川柳雅裕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする