異性に合うとき「いつもと違う服を着る」人の割合は?

プロスタイリストによるファッションコーディネートサービス「Changing Me」を展開する寿五郎「ファッションと恋愛に関する意識調査」の結果を2023年8月31日に発表した。同調査は、18歳~65歳の男女500名を対象に、2023年8月、インターネットを用いて行われた。

ファッションの重要性について、生活におけるファッションの重要性は半数以上の58.2%がファッションをとても重要、または重要と回答している。具体的に、出会いや恋愛をする際のファッションの重要性についての意識調査結果は、21%がとても重要、54.6%が重要と回答しており、75.6%が出会いや恋愛に関するファッションについて生活上のファッション以上に重要視していることが分かったという。

異性と会う際に着ていくファッションについて、半数弱の41.8%が普段と変えたファッションにしていると回答している。また、異性に好印象を与えるファッションの意識調査では圧倒的に「清楚で清潔感のある服装」が好感を与えるだろうと考えられていることから、異性に好印象をもってもらえるように清潔感や清楚感のある服装を心がけている層が一定数いることが分かったとのこと。

デートや異性と会う際のファッションについて、18%が相手のファッションについてとても気になる、63.6%が気になると回答しており、81.6%が恋愛において異性のファッションを気にしていることが分かった。また、79%の人がファッションによって相手の印象が変わったと回答していることから、ファッションが恋愛の方向性を左右する重要な要素として捉えられていることが分かるという。

自身の恋愛や婚活における服装選びを問う設問では、42.2%が過去に服装選びで失敗した経験があると回答しており、自身のファッションについて半数以上の51%が改善する必要があると考えているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする