74式戦車も愛用! 100年選手の傑作戦車砲L7 世界のスタンダードになったワケ

74式戦車や「レオパルト1」、M60など世界の名だたる戦車たちが搭載するのがイギリス製105mmライフル砲L7です。同砲は傑作戦車砲と称されますが、なぜなのかひも解きました。
2023年度末(2024年3月)をもって、陸上自衛隊から74式戦車が退役します。ただ、74式戦車が搭載する105mm戦車砲はいまだ第一級の威力を持っており、74式戦車の事実上の後継として配備が進められている16式機動戦闘車は、74式戦車と同じ砲弾を撃つことができる国産の105mm砲を搭載しています。
これら74式戦車や16式機動戦闘車が搭載する105mmライフル砲は、イギリスで開発されたロイヤル・オードナンス105mmライフル砲L7を基に国産化したものです。このイギリス製105mm戦車砲は、日本のみならず、母国イギリスはもちろん、アメリカやドイツ、イスラエル、スウェーデン、スイスなど各国で開発されたオリジナル戦車に搭載され、多用されており、旧ソ連系の兵器体系を持つ中国も採用し、ライセンス生産しています。
すでに誕生からかなりの年数が経っているのに、なぜ、この105mm砲はそこまで各国軍に愛され続けるのでしょうか。改めて振り返ってみましょう。
74式戦車も愛用! 100年選手の傑作戦車砲L7 世界のスタ…の画像はこちら >>105mmライフル砲L7を搭載する74式戦車(奥)。16式機動戦闘車には、それを基に日本が独自開発した105mm砲が搭載されている(画像:陸上自衛隊)。
ロイヤル・オードナンス105mmライフル砲L7が誕生したのは、いまから70年ほど前の1950年代のことです。ただ、その出自を追うためには、もう少しさかのぼることが必要です。
イギリスは、第2次世界大戦の前期から中期にかけて、ドイツの優秀な戦車と戦車砲の後塵を拝したため、大戦後期に17ポンド(76.2mm)砲を開発して、かろうじてドイツ戦車に追いついたような状況でした。そのため、大戦が終わるとイギリスはこの戦訓を反省し、17ポンド砲に続けて20ポンド(84mm)砲の開発に着手。終戦直後の1948年に制式化すると、終戦直前に増加試作車が完成していた、イギリスの戦後第1世代MBT(主力戦車)となる「センチュリオン」の備砲に採用しました。
しかし1950年代に入ると、20ポンド砲ではソ連(現ロシア)のIS-3重戦車やT-54中戦車に対抗するには厳しいと判断されるようになります。イギリス陸軍上層部では、近い将来、より強力な仮想敵の戦車が出現すると考え、より高威力な新しい戦車砲を要求するようになりました。その開発条件は、20ポンド砲よりも強力で、将来的にも長期に渡って第一線で運用可能なことと、20ポンド砲搭載戦車(センチュリオン)の砲塔を、大改造することなく換装できる寸法と重量であることでした。
こうして具体的なコンセプトが決まると、開発先としてロイヤル・オードナンス社が選ばれます。同社は、砲腔口径105mmでライフル砲を試作し、「センチュリオン」戦車に搭載して各種のテストを実施しました。1959年に完成し、L7と命名されたこの砲は、当初の予定通り、まず「センチュリオン」の20ポンド砲を換装するのに用いられました。
Large 230831 105mmgun 02
最初にロイヤル・オードナンス105mmライフル砲L7を搭載したイギリスの「センチュリオン」戦車(柘植優介撮影)。
105mm砲L7は高威力でかつ信頼性に優れ、しかもコンパクトにまとめられているので新設計の戦車への搭載にも、既存戦車の砲換装にも、どちらにも適するという優れた長所を発揮します。そのため、当時西ドイツで開発されていた「レオパルド1」戦車に採用されたのを皮切りに、アメリカもM47やM48といった、いわゆる「パットン」戦車シリーズのアップデートに関わる戦車砲の換装に用いたのです。
加えて、それらの後継として開発された当時最新のM60戦車シリーズにも用いたほか、日本(74式戦車)やスウェーデン(Strv.103)、イスラエル(メルカバ)、韓国(K1)といった国々も次々に採用したことで、105mm砲L7を搭載した戦車は世界中に広がっていきました。なお、L7を採用したほとんどの国では同砲をライセンス生産しており、にはアメリカやスウェーデンのように独自の改造を施している国もあります。
このように、東西冷戦真っただ中の1960年代に西側諸国の戦後第2世代MBTの標準戦車砲となったL7は、ドイツやアメリカが自国戦車に採用したことでNATO(北大西洋条約機構)の標準戦車砲へと昇華。その結果、傑作戦車砲になり、いまでも多用されているのに繋がっているといえるでしょう。
砲がNATO標準となれば、おのずと弾薬もNATO標準規格となります。そうなると、弾薬メーカーもその規格で開発するようになり、より強力だったり汎用性に富んでいたりする弾薬が、イギリス以外の国でも開発・採用されています。
その結果、105mm砲L7をライセンス生産した国におけるローカルな弾薬であっても、それらのほとんどは互換性があり、どこの国のL7でも撃てるという強みがあります。
Large 230831 105mmgun 03
2023年にアメリカが採用したM10「ブッカー」戦闘車。主砲は105mm砲M35だが、これはロイヤル・オードナンス105mmライフル砲L7の派生型(画像:アメリカ陸軍)。
さすがに現在では、新型かつ高性能なNATO標準戦車砲としてラインメタル 120mm滑腔砲があるものの、105mmライフル砲L7も最新戦車の正面装甲以外なら貫通可能な威力をいまだ持っています。だからこそ、陸上自衛隊も16式機動戦闘車の備砲に105mmライフル砲を採用したのです。
なお、16式機動戦闘車に限らず、アメリカの最新戦闘車両であるM10「ブッカー」にも、同じ弾薬を使用する105mm砲M35が搭載されています。これもまた、105mm砲L7の血を引く派生型です。
さらに中国の15式軽戦車や05式水陸両用戦車などの備砲も、105mm砲L7を基にした派生型です。これらは、今後もしばらくのあいだ使われ続けることは間違いないため、ひょっとしたら105mm戦車砲L7は、派生型含め2050年以降も使われ続けているかもしれません。
「100年使われる戦車砲」になるかもしれないロイヤル・オードナンス105mmライフル砲L7。これこそ、まさにグローバルスタンダード(世界標準)、かつ、ご長寿と呼ぶに相応しい砲といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする