50代女性患者の頬にイチモツ押し付け…墨田区75歳歯科医院長のみなぎる性欲

女性患者は一瞬、自分の身に何が起きたのか、理解できなかっただろう。
虫歯の治療に来た50代女性患者のほおに下半身を押し当てたとして、東京都墨田区の歯科医院「アップル歯科」院長で歯科医師の柳時悟容疑者(75)が17日、準強制わいせつの疑いで警視庁向島署に逮捕された。
女性患者は前日の16日午後3時20分ごろ、歯科医院の診察室で治療用の椅子に座り、目の上にタオルをかけられていた。柳容疑者は視界がふさがれている女性患者の前で下半身をペロンと露出し、女性の左ほおにイチモツをペタッと押し付けた。
何かが当たっていることに違和感を覚えた女性がタオルを取ると、目の前に柳容疑者の男根があった。驚いた女性患者は診察室から飛び出し、帰宅後に「歯科医で治療中に局部を押し付けられた」と、110番した。
当時、診察室にいたのは柳容疑者と女性患者の2人だけで、受付には柳容疑者の妻がいたという。調べに対し、柳容疑者は「女性に好意を抱いていて、感情を抑えられなかった」と容疑を認めている。
「被害女性は約1年前から歯の治療でアップル歯科に通っていた。『今月に入って何かが当たる感覚があった』と話していることから、今回が初めてではなかった可能性もある。75歳でそれだけ性欲が旺盛なのも信じがたいが、そばに奥さんがいるにもかかわらず、患者にもすぐにバレるような行為に及ぶこと自体、理解に苦しむ」(捜査事情通)
同院のHPによると、柳容疑者は神奈川歯科大卒で1975年に柳歯科を開業し、03年から現在のアップル歯科の院長を務めている。35年以上、レーザー治療器を歯科医療の臨床に応用し、歯科医師向けの最先端レーザー治療器導入セミナーを開催するなど、指導的立場でもあったようだ。
座右の銘は「誠意」らしく、やりがいは「全身の健康に寄与できる」とあり、「徹底した衛生管理で安心の治療をお約束します」と明記されていた。ちっとも「安心」できない。
柳容疑者はHPのあいさつで<お口の中のトラブルは、対処が遅すぎるということはございましても、決して早すぎるということはございません。私と妻の2人で温かい対応をいたしますので、少しでもお口の中で気になることがございましたら、お気軽にお越しいただいてご質問ください>と語っていたが、柳容疑者から治療を受けていた女性患者たちは、身の毛がよだつ思いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする