息子「マスクつけてたほうがいいよ」 思わぬ辻斬りに合った父に「強ワード」「きっと私も」

小さな子は大人が思いつかないような新しい単語を口にします。ある日、息子から「マスクつけてるほうがにあう」と言われたパパは、新しい単語で理由を説明されて思わぬ大ダメージを受けることになったのでした。
5歳の息子・ぽぽちゃんと、パパ、ママの日常生活漫画をInstagramで発信しているぽぽママさん(po_po_ch_an)。最近、ぽぽちゃんは子供ならではの新しい単語を口にするようになりました。
今日はパパに「とおさんマスクつけてるほうがにあう」とアドバイス。「どういう意味?」とパパが聞くと、思わぬ答えが返ってきました。
マスクをつけていないパパは「あぶらしいカオになる」というのです。
あぶらしいとはどういう意味なのか…と大人なら悩んでしまいそうですが、パパはすぐに思い至ったのか、ピシャーッと衝撃を受けたような顔に。
「脂っこい顔ってこと?」とぽぽちゃんに確認すると、ぽぽちゃんは無邪気に「ウン」と返事をしました。
これにはパパも大ダメージです。ショックを受けるパパを尻目に、ぽぽちゃんは元気におやつを食べに行ってしまいました。新しい単語「あぶらしい」はパパにとってあまりにも衝撃的だったようです。
漫画を読んだフォロワーたちもクスッとしたのか、いろいろなコメントが集まりました。
「本当にありそうでなかった単語作る天才」
「セルフサービスで解釈させるところも、なかなか残酷やな…」
「きっと私もマスクせんかったらあぶらしい顔だ」
「インパクトつよすぎる」
大人たちに強い印象を与えた「あぶらしい」。ぽぽちゃんはこれからも新しい単語を生み出してくれるのでしょうか。楽しみですが、お手柔らかに!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする