「素晴らしい体験共有したい」G7大使館職員が新潟の魅力を体験 ニシキゴイの餌付け&織物!【新潟】

今年5月に新潟市で開催されるG7新潟財務大臣・中央銀行総裁会議の会場を視察している各国の大使館などの職員が小千谷市を訪れ新潟の魅力を体験していました。

17日、小千谷市を訪れたのはG7に参加する各国の大使館や関係機関の職員です。

職員たちは今年5月に開催されるG7新潟財務大臣・中央銀行総裁会議の会場などを視察するため新潟を訪問していて、県などは希望者に対して県内をめぐるツアーを企画。

小千谷市では地元発祥のニシキゴイの餌付け体験などを行ったほか…

【齋藤正昂アナウンサー】
「こちらの工房では自ら機織り機を操作して小千谷縮を使ったコースター作りに挑戦しています」

地元の人に教えてもらいながら小千谷縮を使った織物を体験しました。

職員たちは温かいおもてなしを受け新潟での滞在を楽しんだようです。

【ツアーの参加者】
「人々はとてもいいと思います、ベリーカインドベリーウェルカミング」
「職場でも新潟の話は何回か出ていてこの素晴らしい体験を同僚にも共有したい」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする