「タイヤがバーストし足下から火が…」東名阪自動車道の亀山パーキンエリアでタンクローリー火災 大型トラック2台にも燃え広がる

東名阪自動車道の亀山パーキンエリアで車両火災が発生し、一部区間で4時間半にわたって通行止めとなりました。
25日午前4時過ぎ、東名阪自動車道の下り線、三重県の亀山パーキングエリア内で、タンクローリーを運転していた54歳の男性から「タイヤがバーストし、足下から火が上がっている」と通報がありました。

警察によりますとタンクローリーのほか大型トラック2台にも燃え広がり、およそ4時間後に火は消し止められましたが、大型トラックの運転手1人が腕などにやけどをしました。
命に別状はないということです。

警察は、タンクローリーの燃料が、何らかの原因で漏れ出したとみて当時の詳しい状況を調べています。
この火災の影響で、東名阪自動車道の上下線の一部や、伊勢自動車道の上下線の一部などで、およそ4時間半にわたり通行止めが発生しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする