福山の空き家放火に執行猶予付き判決 広島地裁福山支部 「幻聴の影響」可能性を考慮

昨年4月、福山市多治米町の空き家に火を付けたとして非現住建造物等放火と同未遂の罪に問われた住所不定、… 記事全文(外部ページを表示します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする