日展名古屋展始まる 名古屋出身の実業家 故・竹田和平さんの遺志を継いだ平和やSDGsの理念の作品に「和平賞」を創設

総合美術展、「日展名古屋展」が25日から始まりました。SDGsへの強いメッセージも。
日展名古屋展始まる 名古屋出身の実業家 故・竹田和平さんの遺…の画像はこちら >>
「第9回日展名古屋展」には、絵画や彫刻、工芸美術など476点が展示され、訪れた人はひとつひとつの作品をじっくりと鑑賞していました。

今回は新たに、名古屋出身の実業家、故・竹田和平さんの遺志を引き継いだ「和平(わへい)賞」が創設されました。

平和や環境問題などSDGsの理念を、強いメッセージとして表現した作品に贈られ、愛知県春日井市の伊藤典子(いとう・まりこ)さんの作品、「SO宙RA(そら)ー懐古(かいこ)」が選ばれました。

「戦いがなく平和で心豊かに生きられるよう、この人形を見て安らぎを感じてもらいたい」という思いを込めたということです。
「日展名古屋展」は2月12日まで、名古屋市東区の愛知県美術館ギャラリーで開かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする