強制不妊、国に賠償命令=旧優生保護法は違憲―「除斥」認めず・熊本地裁

旧優生保護法に基づいて不妊手術を強制されたとして、熊本県在住の70代の男女2人が、国に計6600万円…[記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする