〈今季最強寒波〉新潟県 平地でも“大雪”に警戒を!不要不急の外出控える・備蓄など呼びかけ

1月24日から26日にかけ、強い冬型の気圧配置となり、北陸地方の上空には今シーズン一番の強い寒気が流れ込む予想となっていて、新潟県は大雪時には不要不急の外出を控えること、断水や停電に備え、食料と燃料の備蓄することなどを呼びかけています。

【県の担当者】
「大雪に加え、暴風雪、波浪気温の低下などによる災害発生の危険度が高まっている状況」

県庁で1月23日午後に開かれた『大雪に関する警戒本部会議』。県の関係部局のほか、新潟地方気象台やNEXCO東日本・JR東日本などの担当者が出席し、今後の気象情報などを確認しました。

気象台によりますと、24日から26日にかけ、強い冬型の気圧配置となり、北陸地方の上空には今シーズン一番強い寒気が流れ込む予想です。

上・中・下越では平地を含め、警報級の大雪となる所がある見込みで、24日夕方までの24時間に予想される雪の量は多い所で、平地で15cm・山沿いで30cm。その後の24時間にも、上・中越の平地で40~60cm・山沿いで70~90cmの降雪が予想されています。

また、24日から25日は非常に強い風が吹き、大しけとなる所もある見込みです。

こうした中、この日の会議では、JRの計画的な運休の実施や高速道路の予防的な通行止め実施の可能性といった交通事業者の対応などが情報共有されました。

【新潟地方気象台 河村伸治 観測予報監理官】
「24日午後、一気に雪が強まる風が強まってくる。警戒をしていただきたい」

県は、大雪時には不要不急の外出を控えること、断水や停電に備え、食料と燃料の備蓄、除雪作業中の事故に注意することなどを呼びかけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする