抗議の声も…陸自の輸送機「V-22オスプレイ」東海3県に初飛来 離着陸訓練の一環で三重・明野駐屯地に

陸上自衛隊の輸送機「オスプレイ」が、東海3県では初めて三重県伊勢市の明野駐屯地に飛来しました。駐屯地周辺では抗議の声も上がりました。

23日午後、千葉県の木更津駐屯地で暫定配備されている陸上自衛隊の「V-22オスプレイ」2機が、離着陸訓練の一環で明野駐屯地に着陸しました。

東海防衛支局によりますと、2019年に2度、訓練のため飛来したアメリカ軍のオスプレイが明野駐屯地に離着陸したことはありましたが、自衛隊保有の機体が東海3県に来るのは初めてです。

駐屯地の外では、地元住民ら70人ほどが「オスプレイNO!」と書かれた横断幕を掲げるなど、抗議の声を上げていました。

オスプレイは24日に木更津駐屯地へ戻る予定ですが、同様の訓練は年に数回実施される見通しです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする