コロナ療養明け市議に「陰性証明」求めた市議、謝罪 「殺してやる」発言も

滋賀県の近江八幡市議会で、新型コロナウイルス感染症による療養明けの山元聡子市議に対し、道下直樹市議が… 記事全文(外部ページを表示します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする