コロナ禍の人気犬種ランキング、2位「チワワ」を抑えた圧倒的1位は?

フォルサ

ペットメディカルサポートは1月18日、「コロナ禍で飼育の多い犬種ランキング」を発表した。同ランキングは、2020年1月~2022年11月に同社ペット保険「PS保険」に契約した0歳の犬、2万1,201頭を対象としたもの。

コロナ禍の人気犬種1位は「トイ・プードル」(6,295頭)となった。トイ・プードルは見た目の愛くるしさにくわえて賢く温厚な性格なのが特徴。さらに、ふわふわした被毛はさまざまなカットスタイルにできるため、おしゃれを楽しむ人も多いそう。

2位には「チワワ」(2,497頭)がランクイン。警戒心が強いものの非常に陽気な性格なのが特徴となっている。なでられたり抱っこされたりすることが大好きな犬種であるため、スキンシップを図ることで飼い主との絆が強まっていくという。

3位は「柴」(1,898頭)。一途な性格で、飼い主に絶大な信頼を寄せる犬種として知られる。見知らぬ人には警戒心が大きく飼い主の前では甘えん坊で、そのギャップが愛おしいと感じる人も多いとのこと。遺伝性の疾患が比較的少なく、丈夫というのも魅力となっている。

そのほか、4位「ダックスフンド」(1,464頭)、5位「ポメラニアン」(1,039頭)、6位「フレンチ・ブルドッグ」(933頭)、7位「ミニチュア・シュナウザー」(705頭)、8位「ヨークシャー・テリア」(566頭)、9位「シー・ズー」(489頭)、10位「ゴールデン・レトリーバー」(472頭)という結果となった。

2020年の人気犬種ランキングでは、1位「トイ・プードル」(2,084頭)、2位「チワワ」(810頭)、3位「柴」(559頭)、4位「ダックスフンド」(486頭)、5位「ポメラニアン」(348頭)となった。

2021年の人気犬種ランキングでは、1位「トイ・プードル」(2,147頭)、2位「チワワ」(844頭)、3位「柴」(654頭)、4位「ダックスフンド」(487頭)、5位「ポメラニアン」(367頭)であった。

2022年の人気犬種ランキングは、1位「トイ・プードル」(2,064頭)、2位「チワワ」(843頭)、3位「柴」(685頭)、4位「ダックスフンド」(491頭)、5位「フレンチ・ブルドッグ」(341頭)という結果となった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする