石原良純、コロナ「5類」引き下げに理解…「次の世代の暮らしを考えると今のままでは絶対にいけない」

テレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(土曜・午前6時)は21日、岸田文雄首相が20日に新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを、今春に季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げると表明したことを報じた。
関係閣僚と官邸で協議し、移行に向け具体的な準備を進めるよう指示した。マスク着用の考え方や感染対策の在り方、感染者や濃厚接触者の外出自粛についても見直すとしている。
スタジオ生出演した昭和大医学部の二木芳人客員教授は「5類」への引き下げに「ずっとこの議論は、1年以上前から続いているわけで、ようやく政府も今回の第8波に合わせて、いわゆる経済の方に軸足を移したわけで。感染症とうまく付き合っていこうというところに明らかにいろんな施策を変えてきました」などと解説した。
こうした二木氏の意見を受けて、メインパーソナリティーの石原良純は「5類」への引き下げに「病気が広がるよりも経済だっていうのを、言葉を悪いことに置き換えると、人の命より金だって捉えちゃう人もいるじゃない。っていうから、そんなのいいのかっていう議論になるけど、そこで出生率とか若い世代の暮らしとか次の世代の暮らしを考えたら、やっぱり今のままでは絶対にいけないんだと」と訴えていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする