”除去土壌”の処分方法を考える 環境省が新潟市でフォーラム開催

福島第一原発事故により放出された放射性物質の除染作業によって生じた「除去土壌」。

福島県内で中間貯蔵されている量は約1400万立方メートルに及んでいます。

除去土壌の県外での最終処分や、土で覆ったうえでの公共事業での活用について理解を深めてもらおうと新潟市でフォーラムが開かれ、福島県の負担の重さについて説明されました。

【西村環境大臣】
「自分事として考えていっていただけるような歩みを進めて参りたい」

西村環境大臣は、「除去土壌の県外最終処分が福島県の復興の最重要課題」と理解を求めました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする