きょう20日~あす21日 北海道や東北の日本海側を中心に雪を伴った暴風に警戒

きょう20日~あす21日 北海道や東北の日本海側を中心に雪を…の画像はこちら >>
きょう20日からあす21日にかけて、北海道や東北の日本海側を中心に、雪を伴って非常に強い風が吹くでしょう。暴風や吹きだまりによる交通への影響に警戒が必要です。
きょう20日~あす21日 暴風や吹きだまりによる交通への影響に警戒

きょう20日は、低気圧が前線を伴って急速に発達しながら、日本海を東北東へ進むでしょう。20日夜からあす21日明け方にかけて、低気圧が北日本を通過し、冬型の気圧配置になる見込みです。上空1500メートル付近で、マイナス6℃以下の寒気が、本州の南まで流れ込むでしょう。降水があると、平地で雪の目安の寒気です。きょう20日午後は、低気圧や前線の通過で、北海道や東北、北陸を中心に雪や雨が降りだすでしょう。北海道では、日本海側や太平洋側で、雪の降り方が強まることがある見込みです。東北や北陸付近は、降り出しは雨の所が多いですが、夜には雪に変わるでしょう。北または北西の風が次第に強まり、近畿や中国地方の日本海側にも、雪雲がかかる見込みです。あす21日にかけて、北海道や東北の日本海側を中心に、雪を伴って非常に強い風が吹き、海は大しけになるでしょう。暴風や吹きだまりによる交通への影響、高波に警戒してください。きょう20日昼過ぎから、あす21日明け方にかけて、北海道や東北では、大気の状態が非常に不安定になり、雷が鳴ることがある見込みです。雷雲の周辺では、竜巻など突風が発生することがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、直ちに建物の中など安全な場所に移動してください。北陸から中国地方の日本海側にかけても雪雲がかかる見込みです。こちらでは、発達した雪雲がかかるのは、山沿いが中心でしょう。

予想される風と波

20日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方、東北地方 25メートル(35メートル)北陸地方 20メートル(30メートル)21日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北地方 25メートル(35メートル)北海道地方 23メートル(35メートル)20日に予想される波の高さは、東北地方 7メートル北海道地方、北陸地方 6メートル21日に予想される波の高さは、東北地方 7メートル北海道地方、北陸地方 6メートルです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする