安室奈美恵を輩出した「沖縄アクターズスクール」 再始動を決意させた三浦大知の言葉とは?

安室奈美恵や三浦大知、DA PUMPなど、数多くの人気アーティストを輩出した沖縄アクターズスクールが再始動する。創設者・マキノ正幸の娘で、同スクールの元チーフインストラクター・牧野アンナが新たなスターやインストラクターの育成に動き出す。プロデューサーを務める牧野は「すごくワクワクしている。沖縄をエンターテインメントの中心地として面白くする。やるからには世界を狙いたい」と意気込みを語った。(学芸部・本村紫乃)
関連記事安室奈美恵さんが語った沖縄への思い 「芸能スクールまで徒歩、往復3時間」説の真実 花火・・・ 18日に沖縄県宜野湾市であった「WENAMIE HANABI SHOW supported by・・・www.okinawatimes.co.jp 再始動のきっかけは昨年10月の「沖縄アクターズスクール大復活祭~本土復帰50周年記念~」。卒業生の三浦やMAXのほか、同スクールでレッスンを積んだB.B.WAVESの元メンバーら70人以上が楽曲を披露した。牧野は「パフォーマンスを終えたみんなが『幸せな時間だった』と口をそろえて言ってくれてうれしかったし、小さな頃に同じ環境で切磋琢磨(せっさたくま)した仲間たちのステージを見て、アクターズはやっぱりすごいと再認識した」。
■卒業生のエネルギーに触発
再始動など、それまで興味はなかった。だがステージを下りた三浦から「アクターズスクールを継承してほしい」と請われ、さらに卒業生の音楽に対するエネルギーに触発されて「やらない理由はない」と決意。イベントの翌日、父に「アクターズスクールを継ぎます」と宣言した。

関連記事3500人熱狂! SPEED3人集結「Body & Soul」披露 アクターズ復活祭・・・ DA PUMPやMAXなど、多くのアーティストを育てた沖縄アクターズスクールのイベント「沖縄アクターズスクール大・・・www.okinawatimes.co.jp 目標は日本やアジアで活躍できるスターを育成すること、そして沖縄からエンターテインメントを発信していくことだ。4月にはオーディションを行い、B.B.WAVESを再結成させる。歌やダンスのレッスンを続けながらデビューを目指すという。
■インストラクターも育成
インストラクター育成という新しいプログラムにも挑戦する。同スクールの全盛期には、先輩が後輩を指導しており「先輩は習ったことを反すうしながら教え、後輩は憧れの先輩のようになりたくて頑張る。まさに才能が才能を育てていた」と思い返す。「指導者を育てることは、日本のエンターテインメントの底上げにもなる。インストラクターの育成はスターを育てる以上に大切なことだと思う」と気を引き締める。
再始動に向け、那覇市のパレットくもじ9階にスタジオを新設する。牧野は「自分の才能に気付いていない子がたくさんいるはず。ハードルが高そうなどと思わず、歌やダンスが好きならトライして」と呼びかけた。
■オーディション 23日に募集開始
B.B.WAVESオーディション募集は23日~3月12日。インストラクター育成プログラム書類審査の応募は1月31日まで。問い合わせは公式LINEから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする