暖かい店内でグランピング気分で楽しめる「フルーツ鍋」と「トマト鍋」が新登場!

ラボットホールディングスは1月18日、「フルーツ鍋」「トマト鍋」を、新橋の『肉バルvs魚バル DESIGN FOOD MARKET(デザインフードマーケット)』『塊肉×農園野菜 Nick & Noojoo(ニックアンドノージョー)』、名古屋の『肉バルvs魚バル DESIGN FOOD MARKET 名古屋駅店』で発売した。

「フルーツ鍋」と「トマト鍋」は、近年ブームとなっている「グランピング」の、「グラマラス(魅惑的)」で「おしゃれ」で「自由」なスタイルをヒントに生まれた鍋料理。

「フルーツ鍋」(1,680円)は、数種のベリーにぶどう、柑橘系果実を使用した。日替わりで5種のキノコ、野菜、鶏肉も一緒に楽しめる。スープには自家製の味噌ベースの出汁を使用し、綿あめがほんのり甘みとコクをプラスした。ベリーの程良い酸味と甘みがアクセントになり、あと引くおいしさであるという。〆には、追加の生クリーム(150円)で仕上げるリゾットを用意している。

「トマト鍋」(1,680円)は、ニンニクをガッツリ効かせたパンチのある味わいの「トマト鍋」。スープは程良い酸味の自家製トマト出汁をベースに、隠し味に蜂蜜を使用してコクを出している。キャベツやケール、豚肉などの味の濃い食材との相性がよいとのこと。追加150円で味わえる食材の旨みとスープの旨みが凝縮された〆のチーズリゾットもおすすめだという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする