66歳男、コンビニに以前購入した紙コップを持参しカフェラテ盗んで逮捕

新潟県新潟市中央区のコンビニエンスストアで、カフェラテ1杯を盗んだとして66歳無職の男が逮捕されたことが判明。そのセコすぎる手口に呆れの声が広がっている。

男は19日午前8時頃、新潟市中央区のコンビニエンスストアに設置されていたコーヒーマシンから180円分のカフェラテ1杯を盗んだ疑いが持たれている。警察の取り調べに対し、男は「覚えていない」と容疑を否認している。

>>35歳米国籍男、コンビニで料金支払わずカップ麺を食べようとし逮捕「お湯を注いでしまった」などと話す<< なぜこのようなことができたのか。警察によると、男は過去にコンビニエンスストアでコーヒーを購入した際に使用した紙コップを持参し店内に入り、カフェラテを入れていたとのこと。店員がレジを使用していないにも関わらずカフェラテを抽出する男を発見し、警察に通報したことで事態が発覚したのだ。なんともセコすぎる犯罪である。 この事件に、ネットユーザーからは「こんなことを思いつくことが異常。その情熱を仕事に活かすことができなかったのか」「お金がなくてやむにやまれずという感じでもない。店舗の穴を見つけてズルをしてやろうという悪意を感じる」「わざわざ前に購入したコップを取っておいて持参したのか。バカらしいね」「本当にセコい。呆れて物も言えない。コーヒーを飲みたければまず働け」と怒りの声が相次ぐ。 また、「こういう事件が多すぎる。性善説が通用しない世の中なので、支払った人間しか出ないようにするしかないのでは」「まさか紙コップを保存してまた使おうとは思わない。こういうことを企てる人間がいるということも認識しなければいけない」「反社会的勢力のような人間がこういうことをしたら、店員も止められない。これでいいのか」という指摘も出ていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする