〈新潟の天気〉1月21日 “風・波”に注意/22日 朝の冷え込み強まる “路面の凍結”などに注意

石黒菖気象予報士がお伝えする〈新潟の天気〉

【1月20日夜以降の天気】
20日夜は冬型の気圧配置が強まる予想。そのため、山沿いを中心に雪となり、吹雪くおそれがあります。

21日にかけては、高気圧に覆われるため、冬型の気圧配置はいったん緩みそうです。ただ、強い寒気が流れ込むため、日中も気温が上がらず、雪が降ったり、やんだりする予想です。

そして、22日も朝まで高気圧の範囲となりますが、天気図にはまだ現れていない気圧の低い部分が通過するため、山沿いを中心に雪となる予想です。

詳しく見ていきます。

〈20日夜~21日(土)〉
20日夜から平地では次第に雪の範囲が広がり、山沿いでは降り方が強まる所があるでしょう。21日朝まで雪が断続的に降り、午後はいったん小康状態となりますが、また夜から山沿いを中心に雪が降る予想です。

〈22日(日)〉
午前中は比較的、穏やかな天気になりますが、午後にかけて下越や中越の山沿いを中心に雪となる予想です。

〈予想最大降雪量〉
▼20日夜~21日朝…山沿い25cm/平地5cm
▼21日朝~22日夕方…山沿い15cm/平地5cm

〈風と波〉
予想されている風の強さは、下越で35m/s、その他の地域で30m/sとなっています。すでに強い風が吹いており、車があおられたり、交通の乱れが考えられます。

そして、波も21日まで下越や佐渡で6mと、大シケになる予想です。風がやんでもうねりを伴いやすく、21日にかけて船舶の航行にも影響が出ています。海沿いには近づかないようにしてください。

【週末のポイント】
▽21日 朝まで風、夜まで波に注意
▽22日 朝の冷え込み強い。路面の凍結などに注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする