1/26「文化財防火デー」を前に…“手筒花火発祥の地”の神社で消防訓練 文化財持ち出し消火する手順確認

1月26日の「文化財防火デー」を前に、愛知県豊橋市の神社で消防訓練が行われました。

手筒花火の発祥の地として知られる吉田神社で行われた訓練は、参拝客が火事を見つけた想定で始まり、神社の関係者が安全に配慮しながら、文化財を持ち出して初期消火をする手順を確認しました。

豊橋市消防本部では、文化財防火デーに合わせて、文化財を所有する市内29の神社や寺などに査察を行うなどして防火を呼びかけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする