東電元会長ら、二審も無罪=巨大津波、予見性認めず―原発事故巡り強制起訴・東京高裁

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長勝俣恒久被告(82)、原…[記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする