新潟・上越市の養鶏場で鳥インフルエンザ 約10万2000羽を殺処分《15日正午現在》

高病原性鳥インフルエンザが確認された上越市の養鶏場で続くニワトリの殺処分。

県は15日正午時点で約10万5000羽のうち、約10万2000羽を殺処分しました。

国内ではこれまで、卵や肉を食べたことで鳥インフルエンザウイルスが人に感染した報告はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする