佐渡市で軽トラックが道路沿いの空き家に突っ込む 運転手の67歳男性が死亡【新潟】

佐渡市矢柄地内の県道で15日午前、軽トラックを運転していた67歳の男性が道路沿いの空き家に衝突する事故がありました。男性は当初意識があったものの容態が急変し、その後死亡しました。

15日午前9時半前、佐渡市矢柄地内の県道で佐渡市関に住む無職の佐藤一さん(67)の運転する軽トラックが道路のセンターラインを越え、道路沿いの空き家に衝突。

この軽トラックの後ろを走っていた車の運転手から「事故で人が車に閉じ込められている」と通報がありました。

佐藤さんはすぐに市内の病院に運ばれ、当初、警察などの問いかけに反応するなど意識があったものの、その後容態が急変。足の骨折に伴う失血で死亡しました。

警察が事故の原因などを詳しく調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする